[結婚相談所]ご自身でお見合い相手を無理なく選べる結婚相談所

045- 317-5315

[営業時間]11:00〜20:00 [定休日]月曜・火曜(祝祭日を除く)

HOME > 神奈川県出身の有名人

神奈川県出身の有名人

美空ひばり

本名:加藤和枝(かとうかずえ)
生年月日:1937年5月29日
出身地:横浜市
血液型:---
職業:歌手・女優

神奈川県横浜市磯子区滝頭の魚屋「魚増」を営む父・加藤増吉、母・喜美枝の長女として生まれた。
増吉は栃木県河内郡豊岡村(現在の日光市)、喜美枝は東京山谷の出身。
妹は佐藤勢津子、弟はかとう哲也・香山武彦。
家にはレコードがあり、幼い頃より歌の好きな両親の影響を受けひばりは歌謡曲、
流行歌を歌うことの楽しさを知る。
1943年6月、第二次世界大戦の戦時中に父・増吉が出征となり壮行会が開かれ、
ひばりは父のために『九段の母』を歌った。
壮行会に集まった者達がひばりの歌に感銘し、
涙する姿を目の当たりとした母・喜美枝はひばりの歌唱力に人を引き付ける可能性を見出して、
地元の横浜近郊からひばりの歌による慰問活動を始める。

1989年3月23日、「アレルギー性気管支炎の悪化」「難治性の咳」
など呼吸器系の療養専念により、
同年4月17日に予定されていた横浜アリーナでのこけら落としコンサートや、
その他の全国ツアーも全て中止、さらに歌手業を含めた芸能活動の年内休止を、
息子の和也から発表された(再入院当時、間質性肺炎の病名は公表されなかった)。
なお和也は、本当の病名をひばり本人には最期まで伏せたが、
3月上旬に診療所で診察を受けた医師にひばりは、既に間質性肺炎の説明を受けていたため、自身の病状を分かっていたが、
和也には知らないふりをして病室でずっと過ごしていたという。

最後まで平和への祈念も絶えず、死の4カ月前まで命を削って歌った。
たくさんのファンを最後の最後まで愛していた美空ひばり。
再入院後から約3か月の間、壮絶な闘病生活を送り続けていたが、
二度と復帰の夢を果たすことなく、ついに1989年6月24日、
間質性肺炎による呼吸不全のため逝去した。
52歳没。
関係者によると手術室で全身麻酔をかけられたまま逝ったという。

桑田佳祐

本名:桑田佳祐
生年月日:1956年2月26日
出身地:茅ヶ崎市
血液型:A型
職業:シンガーソングライター

サザンオールスターズのリード・オフ・マンとして『いとしのエリー』、
『真夏の果実』、『TSUNAMI』などを制作した。
青山学院大学在学中よりバンド活動を行いバンド名の変更とメンバーチェンジを繰り返した後、
サザンオールスターズとしてデビュー。
「サザンオールスターズ」というバンド名は、友人が名付けたもの。
1987年のソロ活動開始以降、サザンとソロ、それぞれの活動を数年毎のローテーションで行っていた。
1982年に、サザンのキーボーディスト・原由子と結婚し、これまでに2男を設ける。

小泉 今日子

本名:小泉今日子
生年月日:1966年2月4日
出身地:厚木市
血液型:O型
職業:歌手・女優

厚木市立三田小学校、厚木市立睦合中学校卒業、神奈川県立津久井高等学校中退。
1982年3月21日にシングル「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
同期に堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、松本伊代、早見優、中森明菜、シブがき隊らがおり、
「花の82年組」の一人であった。
子供のころに父親の会社が倒産し、夜逃げ同然の経験をしたことがある。
その影響でアイドルとして働き出してからは、
金銭感覚がシビアになりお金に困ったことがないと話していた。
1995年2月22日、俳優・永瀬正敏と結婚したが、2004年2月22日に離婚。
2006年公開の映画『さくらん』が離婚後の初共演となった。
タレントのYOUとは、飲み友達でよくお酒を飲む。
お酒を飲んでそのままYOUが小泉のベットに寝てしまった時は、
小泉はリビングのソファーでちっちゃくなって寝ている。
朝ご飯にも気を使っていて、お酒を飲んだからみそしるは赤だしにしたりする。
料理上手。

浅野忠信

本名:佐藤忠信(さとうただのぶ)
生年月日:1973年11月27日
出身地:横浜市
血液型:A型
職業:俳優・音楽家

クォーターのために幼い頃は髪の色が金髪に近く、何もしていなくても目立っていて声をかけられることも多かった。
子ども心に、日本人だが日本人になりきれていない違和感も感じていたという。
しかし、「子供の頃から目立ちたがり屋で、いつもテレビに出たいと思っていた」という。
やがて自分から無理に目立つことをしなくてもいいと思うようになった。
そう思うきっかけになったのは、母が忠信に見せたウッドストック・フェスティバルの映像であった。
ステージ上のミュージシャンが観客を熱狂させているのを見て、人前で大勢の人を喜ばせるようなことをしたいと考えるようになり、
それが今日の自身の穏やかな印象に影響していると浅野は考えている。

1995年(平成7年)3月、岩井監督の映画『PiCNiC』で共演した歌手のCHARAと結婚。
同年7月に長女が誕生し、22歳で父となる。1999年(平成11年)、長男が誕生。
しかし2009年(平成21年)7月25日、所属事務所のサイトにてCHARAと協議離婚したことを発表し、14年余りの結婚生活にピリオドを打った。

小雪

本名:松山小雪(旧姓:加藤)
生年月日:1976年12月18日
出身地:座間市
血液型:O型
職業:女優・ファッションモデル

本名の由来は、「出生時、座間市に小雪が降っていた」「親が尊敬していた方の名前から頂いた」「生まれたとき雪のように肌が白かった」
と幾つかあるよう(すべて本人談)。
出身校は相武台幼稚園、座間市立相武台東小学校、座間市立座間中学校、
神奈川県立伊勢原高等学校、東京女子医科大学看護専門学校中退。
市立座間中学校時代はテニス部に所属し、県立伊勢原高校時代はバレーボール部に所属。
バレーボールでインターハイにも出場するが、高校2年の終わりに腰を痛め選手生活を断念する。

向井理

本名:向井理
生年月日:1982年2月7日
出身地:横浜市
血液型:O型
職業:俳優

神奈川県立氷取沢高等学校、一浪を経て明治大学農学部生命科学科卒業。大学では遺伝子工学を専攻。
「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」という研究で、
第29回 国際動物遺伝学会議(2004年9月開催)『ベストポスターアワード』を向井を含めた数名の研究メンバーで受賞した。

学生時代にアルバイトとして、東京・渋谷でバーテンダーを務める。大学卒業後カジュアルなバーに社員として就職。後に店長を1年間務めた。向井のバーテンダー歴は延べ6年に及び、老舗のバーでの勤務経験もある。祐天寺駅(東京・目黒区)近くのバーで働いていた際には、来店したタレント原田泰造に領収書を書いたという。さらに、後にドラマで共演した速水もこみちや、ブラザー・トムなども来店した。ドラマではブラザー・トムがバーのマスター、向井が客役というあくまで役者上で逆の立場で共演している。
バーテンダーとして勤務中、東京・表参道で「イケメン」として取材を受けた写真が、雑誌 『Tokyo graffiti』(グラフィティマガジンズ)に掲載された。その写真は同誌のイケメンランキングで4位となり、それを見た現在のマネージャーがバーまでスカウトに訪れ、芸能界デビューが決まった。
2010年(平成22年)、ドラマ『ゲゲゲの女房』(NHK連続テレビ小説)ではヒロインの夫・村井茂(水木しげる)役を演じ、知名度と人気が上がった。

HOME > 神奈川県出身の有名人