[横浜 結婚相談所]ご自身でお見合い相手を無理なく選べる結婚相談所

045- 317-5315

[営業時間]11:00〜20:00 [定休日]月曜・火曜(祝祭日を除く)

HOME > 神奈川県の花・木・鳥

神奈川県の花・木・鳥

神奈川県の花

ヤマユリ(山ユリ、学名:Lilium auratum)

ヤマユリ(山ユリ、学名:Lilium auratum)とはユリ科ユリ属の球根植物。
日本特産のユリ。北海道と関東地方や北陸地方を除く近畿地方以北の山地の林縁や草地に分布する。
和名は、山中に生えることからつけられた。
草丈は1〜1.5m。花期は7〜8月頃。花は、花弁が外に弧を描きながら広がって、1〜10個程度を咲かせる。
その大きさは直径20cm以上でユリ科の中でも最大級であり、その重みで全体が傾くほどである。
花の色は白色で花弁の内側中心には黄色の筋、紅色の斑点がある。
花の香りは日本自生の花の中では例外的ともいえるほど、甘く濃厚でとても強い。
発芽から開花までには少なくとも5年以上かかり、また株が古いほど多くの花をつける。
風貌が豪華で華麗であることから、『ユリの王様』と呼ばれる。
鱗茎は扁球形で10cm程の大きさである。
多糖類の一種であるグルコマンナン(コンニャクにも多く含まれる)を多量に含み、縄文時代には既に食用にされていた。

神奈川県の木

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)

裸子植物の1種。裸子植物門イチョウ綱の中で唯一の現存している種である。人為的な移植により世界中に分布しており、年平均気温が 0〜20℃の降水量500〜2000mmの地域に分布している。
中国原産の落葉高木。高さは20〜30m。葉は扇形で葉脈が付け根から先端まで伸びている。また、葉の中央部が浅く割れている。針葉樹とされる場合もあるが、厳密には広葉樹にも針葉樹にも属さない。原始的な平行脈を持ち、二又分枝する。
雌雄異株であるため、雄株と雌株があり、実は雌株にのみになる。雌雄の区別は葉の形でできるという俗説があるが、植物学的には根拠がなく、雌雄の判別は生殖器官の観察によるしかない。
4〜5月に新芽が伸びた後に雌花、雄花とも開花する。実が結実する為には雄株の花粉による受粉が必要である。花粉は1km程度離れた雄株からでも飛散してくるという。裸子植物であるイチョウの受粉様式は、被子植物のそれは大きく異なる。まず、雌花の胚珠に取り込まれた花粉は胚珠の上部にある花粉室と呼ばれる部分で4か月程度そのままの状態を保つが、胚珠は直径約2cm程度に成長する。成長した胚珠内の花粉では数個の精子が作られ、9〜10月頃放出された精子が花粉室の液体の中を泳ぎ、造卵器に入り受精が完了し種子の成熟が始まる。種子は11月頃には熟成すると果肉は軟化し、カルボン酸類特有の臭いを発する。
なお、種子植物であるイチョウにも精子があることを世界で初めて発見したのは、日本人の平瀬作五郎(東京大学)で、1896年のことである。現在、東京大学小石川植物園に発見のもととなった株が残っており、東京大学の附属施設である同園のシンボルになっている。
長寿であり、成長すると巨木になる。日本の各地に幹周が10mを越えるようなイチョウの巨木も存在しており、環境省の調査における最も太い株は、青森県深浦町にある「北金ヶ沢のイチョウ」で、幹周は22mを越え、日本で有数の巨木に位置づけられている。
アヒルの足のような形の葉は、秋には黄色く黄葉し、落葉する。 ごく稀だが葉がラッパ状になったものや、葉に実がつくものがあり、それぞれ「ラッパイチョウ」、「お葉付きイチョウ」などと呼ばれる。また、大木では気根と呼ばれる枝から垂れ下がった円錐形の突起を生じる場合がある。この円錐状の特機は、「乳」と呼ばれ、「乳イチョウ」と呼ぶこともある。

神奈川県の鳥

カモメ(鴎、Larus canus)

動物界脊索動物門鳥綱チドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類。
夏季にユーラシア大陸北部やカナダ西部、アラスカ州などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やヨーロッパ、ペルシャ湾沿岸部、アメリカ合衆国西部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する日本では主に亜種カモメが冬季に越冬のため飛来(冬鳥)するが、亜種コカモメが飛来した例もある。

全長40〜46センチメートル。翼開張110〜125センチメートル。頭部や体下面の羽衣は白い。
背中や翼上面は青灰色の羽毛で被われる。尾羽の色彩も白い。初列風切の色彩は黒く、先端に白い斑紋が入る。
嘴は小型で細い。後肢は細い。嘴や後肢の色彩は灰黄緑色や黄色で、嘴先端に不明瞭な黒い斑紋が入る個体もいる。
幼鳥は全身が灰褐色の羽毛で被われ、肩を被う羽毛や翼上面の外縁(羽縁)が淡褐色。
和名は幼鳥の斑紋が籠の目(かごめ→カモメ)のように見える事が由来とされる。尾羽の先端が黒い。嘴は黒い。
後肢の色彩は淡ピンク色。
夏季は頭部から頸部にかけて斑紋が無く(夏羽)、冬季は頭部から頸部にかけて淡褐色の斑点が入る(冬羽)。

沿岸部や河口、干潟などに生息する。同科他種と混群を形成する事もある。
漢字表記は本種の鳴き声に対する当て字で、アメリカ合衆国における英名mewも鳴き声(英語圏でのネコの鳴き声にあたる)に由来する。
食性は雑食で、魚類、動物の死骸などを食べる。
繁殖形態は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する。
沿岸部の岩礁や草原などに巣を作り、卵を産む。生後3年で成鳥羽に生え換わる。

HOME > 神奈川県の花・木・鳥